東埼玉総合病院 看護部 看護部紹介・看護師募集・求人情報

東埼玉総合病院 看護部

  1. HOME
  2. 教育・研修制度

教育・研修制度

研修内容・制度

看護部教育理念

看護部の理念に基づき、専門職業人として自律し、主体性をもって行動できる看護師を育成する。

教育目標

  • 患者個々のニーズに合わせ、安心で安全な看護を実践できる看護師を育成する。
  • 患者・家族を支えるチームの一員として、他職種と協働・連携しながら意思決定を支える看護ができる看護師を育成する。
  • 院内外研修に自ら参加し、主体的にキャリア開発できる看護師を育成する。

新卒入職者、中途入職者、子育て中の方と様々な背景の看護師が多様な勤務形態で就業しています。 そのため、看護部の企画する研修はすべて就業時間内で開催し、学習できる環境を提供しています。 学習も仕事のうち、「仕事」と「休暇」のメリハリを大切にしています。

  • 東埼玉総合病院看護部 研修風景 月
  • 東埼玉総合病院看護部 研修風景 月

ページの先頭へ

継続教育ラダー

「組織」と「個人」の課題を結びつけ、目標の達成と人材育成に向けて支援しています。

継続教育ラダー

ページの先頭へ

クリニカルラダー

日本看護協会クリニカルラダー、臨床経験年数の看護師分布(DINQL2015年度)などを参照して当院のクリニカルラダーを作成しました。 カテゴリーは「看護実践能力」「役割遂行能力」「管理能力」「教育・指導能力」からなり、習熟段階のラダーはレベル1~5としています。
看護師一人ひとりの成長、ライフスタイルに合わせ、主体的にキャリアプランを考えることができます。

ラダー 1 2 3 4 5
あるべき姿 基本的な看護技術を習得し患者に安全な看護が提供できる 自立して安全に基本的な看護実践ができる 看護実践モデルとなり所属部署における役割が遂行できる 幅広い視野で予測的判断を持ち、所属部署を超えた役割が遂行できる 看護の専門性を追求するとともに、管理的な視点を持ち、組織を横断的な立場で役割を遂行できる
看護実践能力 指導を受けながらマニュアルに沿って基本的な看護が安全・確実に実践できる 所属部署に必要な専門性のある看護を、看護計画に基づきケアを実践できる 所属部署における専門性のある看護が提供できる モデル的な看護実践を行い、指導ができる 患者・家族のニーズを捉え、専門性を活かした看護実践ができる 多職種協働において看護の専門性を発揮し、リーダーシップが取れる
役割遂行能力  チームメンバーの役割を理解し行動できる  受け持ち患者の看護実践に責任を持ち、受け持ちとしての役割を果たすことができる 新人指導者やチームリダーとしての役割を遂行できる 看護部や施設全体から求められる役割を遂行できる 地域社会から求められる役割を遂行できる
管理能力 自己の勤務管理ができる 緊急時(安全・リスク災害時)の基本的な対応が理解できる 時間管理における実践モデルとなる 緊急時(安全・リスク・災害時)の基本的な対応が実践できる 業務管理において後輩指導ができる 緊急時(安全・リスク・災害時)に部署内でリーダーシップが発揮できる 病院運営を考えた部署の組織運営が理解できる 緊急時(安全・リスク・災害時)における看護部全体の対応ができる 病院運営を考えた部署の組織運営が実践できる 緊急時(安全・リスク・災害時)において、組織横断的な対応ができる
教育・
指導能力
自己の学習課題を明確にすることができる 自己の学習課題達成に向けて行動することができる 自己研鑚に励み、指導・教育にあたることができる 自己研鑚した内容を施設に還元することができる キャリア開発の支援ができる

ページの先頭へ

ページの先頭へ

新人看護師教育

病院全体で新人を育てよう

当院の新人看護師教育は「病院全体で新人看護師を育てよう!」です

新人支援看護師が1名専任しています。

新人支援看護師

組織横断的に上下関係なく、新人とその新人が所属する部署と関わりコーディネートする役割を担います。技術面サポートと精神面サポートをします

新人支援看護師の主な活動内容

新人支援看護師

  • わかばサロンを開催しています(新人看護師専門相談窓口:1年間)
    新人看護師は若葉です。その若葉さんからの要望(例えば採血が苦手なので練習したい、悩みを聞いてほしい等)に応えます。参加は自由で何でも相談できる窓口となっています。わかばサロン開催日は必ず新人支援看護師が待機していますので、個人で自由に活用できます。
  • 配属部署巡回
    日勤帯の時間に配属部署へ巡回し、新人看護師や指導者、部署長へ声掛けをし、部署のサポートをしています。
  • 集合研修の企画運営
    教育委員会と協力し研修を企画運営しています。

部署での新人支援については、チーム支援型の体制で行っています。新人看護師1名に対して2名以上の実地指導者を配置し、仕事に対する向き合い方、学習方法、基本的な看護技術の指導および、不安や悩み事などの精神的な支援を行っています。

新人看護師教育プログラム

1年間の目標

  1. 東埼玉総合病院の職員としての規律を守り、看護部の理念を知り行動することができる
  2. 日常生活の援助のための知識・技術・態度を身につけ安全確実にベッドサイドケアができる
  3. チームメンバーとしての役割と責任を果たすことができる
  4. 院内・院外研修を通して看護の知識を深めることができる

1年間のスケジュール

内容
4月
  • 全体オリエンテーション
  • 基礎看護技術研修
    • 採血、静脈注射、点滴
    • 膀胱留置カテーテル、導尿
    • 胃管挿入
    • 吸引
  • 日常生活援助研修(移動動作)
  • フォローアップ研修(1ヵ月の振り返り・目指す看護師像)
  • 院外研修(栄養と食事法・倫理)
  • 東埼玉総合病院看護部 研修風景 4月 「目指す看護師像」を発表しました
  • 東埼玉総合病院看護部 研修風景 4月 車椅子移動研修
5月
  • BLS研修
  • 入院時対応方法研修
  • 多職種合同リフレッシュ研修(院外活動)
  • 院外研修(食事援助)
  • 東埼玉総合病院看護部 研修風景 5月 多職種合同リフレッシュ研修(院外活動)
  • 東埼玉総合病院看護部 研修風景 5月 皆で「ジンギスカン」食べました
6月
  • 事故防止研修(KYT・事故報告方法)
  • 医療機器の取り扱い(輸液ポンプ・シリンジポンプ)
  • 人事評価制度説明
  • 院外研修(心電図)
  • 東埼玉総合病院看護部 研修風景 6月 事故防止研修(KYT・事故報告方法)
  • 東埼玉総合病院看護部 研修風景 6月 医療機器の取り扱い
7月

東埼玉総合病院看護部 研修風景 7月 新人指導担当者が定期的に巡回して指導しています

  • 夜勤の心構え研修
  • フォローアップ研修(3ヵ月の振り返り)
  • 院外研修(薬の知識)
8月

東埼玉総合病院看護部 研修風景 8月 急変時対応(救急カートの取り扱い)

  • 急変時対応(救急カートの取り扱い)
9月
  • 多重課題研修
  • 医療機器の取り扱い(12誘導心電図・心電図モニター)
  • 東埼玉総合病院看護部 研修風景 9月 医療機器の取り扱い(心電図モニター・12誘導心電図)
  • 東埼玉総合病院看護部 研修風景 9月 事例を通して優先度の考え方を学んでいます
10月
  • 排泄ケア研修
  • 院外研修(臨床検査)
  • 多職種合同フォロアップ研修(目指す医療チーム)
  • 東埼玉総合病院看護部 研修風景 10月 多職種合同フォロアップ研修
  • 東埼玉総合病院看護部 研修風景 10月 「目指す医療チーム」についてチームごとに発表しました
11月
  • 急変対応研修
  • 東埼玉総合病院看護部 研修風景 11月 急変対応研修
  • 東埼玉総合病院看護部 研修風景 11月 急変対応研修
12月
  • 中心静脈注射
  • フォロアップ研修(8ヵ月振り返り)
1月
  • 看護の振り返り
3月
  • 1年の振り返り

ページの先頭へ

職員の声

2年目看護師

2年目看護師

看護師2年目になり、まだまだ不安な事や分からない事がたくさんありますが、困ったときには優しく声をかけていただき、丁寧に教えてくれる先輩がたくさんいます。 患者さんの事をみんなで考え、その人に合わせた看護が提供できるよう日々頑張っています。患者さんの笑顔や「ありがとう」の言葉を大切にし、多くの患者さんから信頼される看護師になれるよう頑張ります。(2西病棟 A・S)

2年目看護師

2年目看護師

私は、患者さんやご家族から「この人に看護されて良かった!」と感じてもらえるような看護を提供できるよう心掛けています。看護師2年目で日々勉強の毎日ですが、患者さんが元気になっていく姿を1番近くで感じることができ、看護師としてのやりがいを感じています。患者さんが笑顔だと自分も自然と笑顔になり、いつも患者さんから元気を頂いています。これからも患者さんに寄り添い、その患者さんに合った看護を提供できるよう努めていきます。(3東病棟 J・S)

既卒看護師

院内の勉強会が定期的に開催されており、今年度からクリニカルラダーも導入されたことで、各自の経験値や知識に合わせた研修を選択しやすくなりました。院外研修への援助制度もあり、「学びたい姿勢」を応援してくれる病院だと思います。また、東埼玉総合病院は移転して6年目で、院内は綺麗で働きやすいです。働き方もそれぞれのライフスタイルに沿っているため、お互いに声を掛け合い帰りやすい雰囲気があります。(2西病棟 K・M)

既卒看護師  既卒看護師

ページの先頭へ

認定看護師の活動

専門・認定看護師の資格取得をサポートする体制をご用意しております。
当院では、より高いレベルを目指し、自己研鑽に励む看護師を応援いたします。

感染管理認定看護師

感染管理認定看護師 松村千秋

感染から患者も医療者も守りたい

私は最初感染に関する知識が全くありませんでした。感染コントロールチームのメンバーとなってからも委員長の発言している言葉の意味すら分からず、だだ、参加しているといった状況でした。しかし外来に配属され外来化学療法に携わるようになり易感染状態はどういうことなのかを学習するうちに感染管理の重要性を知ることになりました。

「感染から患者も医療者も守るため」感染管理の使命を果たすべく日々専任として組織横断的に活動しています。医療関連感染サーベイランスの実施・感染コントロールチームリーダーとしての活動や院内教育、また院内ラウンドを毎日実践し、現場の感染対策に関する疑問について直接答えるなど、現状の問題点を抽出し、根拠をもって改善につなげられるよう努力しています。

今後は、院内だけでなく院外に向けても感染防止に関する相談を受け問題解決に向けての情報提供と支援が行なえればよいかと考えておりますので、皆様、気軽にお声かけください。

活動報告

緩和ケア認定看護師

緩和ケア認定看護師 加藤加澄

患者さん、ご家族に寄り添った看護を提供します

はじめまして、加藤加澄です。2014年7月に緩和ケア認定看護師として認定看護師審査に合格し、緩和ケア看護師として活動を開始したばかりです。

緩和ケアの対象者は、「生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対する」ケアとWHOで定義されているように、苦痛を抱えている対象者を全人的側面(身体的側面・精神的側面・社会的側面・スピリチュアル的側面)でアセスメントしていくことが重要な緩和ケア認定看護師の役割の一つです。

これからの時代は高齢化社会に伴い、がん罹患患者は増加の一途を辿っています。
がんに罹患した患者さん・ご家族は再発、転移など多くの苦悩を抱えて生活しています。がんと診断された早期から関わることで、少しでも生活していくことが障害されないよう、その人らしく生きることを支えていくために、地域への緩和ケア啓発活動も今後の自身の役割と考えています。

まだ、スタートしたばかりではありますが、緩和ケアを必要とする方にすみやかに対応し、アドボケイト(患者の権利擁護者)となり、患者さん・ご家族に寄り添った看護が提供できるよう役割を発揮していきたいと思います。

活動報告

糖尿病看護認定看護師

糖尿病看護認定看護師 間中昌利

継続は力なり

准看護師から正看護師、糖尿病療養指導士、そして糖尿病看護認定看護師と少しずつ自分の目標を伸ばしてきました。

この病院に就職したときにはこんな将来を考えてもいなかったのですが、スタッフの皆さんに支えられながら、迷うときには背中を押してくれる環境があったからこそこんなに続いているのだと思います。

院内における糖尿病看護の充実はもとより、地域における活動そして学会活動などまだまだ上を見て行きたいと思います。

活動報告

皮膚・排泄ケア認定看護師

皮膚・排泄認定ケア看護師 上之段三奈

スキンケアの専門家として、看護の向上を目指します

みなさんこんにちは、上之段三奈です。2009年6月に皮膚・排泄ケア認定看護師の認定審査に合格し、認定看護師として気持ちも新たに活動を開始しました。

皮膚・排泄ケア認定看護師とは、創傷(床ずれや手術創、糖尿病性潰瘍や血管が原因の潰瘍など)、ストーマ(人工肛門や人工膀胱など)、失禁(尿や便が漏れて困る)などの方を対象に専門的なケアを提供する看護師とのことです。
スキンケアの専門家として、専門的で質の高いケアを患者さんへ提供できるよう日々がんばっています。さらにスタッフへの指導や相談を通して東埼玉総合病院全体の看護の質の向上を目指し活動しています。

褥瘡予防は定期的な体位変換、適切なポジショニング、栄養管理、スキンケア、失禁などによる湿潤の管理が大切です。リンクナースの教育も行いながら、今後も現場に密着した実践や教育活動に努めていきます。 ストーマケア・失禁ケアとしては、退院後社会復帰に伴い実感する不便さや悩み、不安などがあると思います。安心して生活していただけるよう相談を受け、ニーズにあったアドバイスが行えるよう努めていきます。

まだまだ認定看護師としては新米ですが、一緒に東埼玉総合病院に入院する患者さんが安心してすごせるよう、みなさんとがんばっていきたいです。

特に救急時の対応は、予知判断や個々の状況を的確に捉えスムースな他部門との連携を必要とされます。専門職としてのマナーを心がけ、信頼性の高い確実なケアーが提供できるよう日々、努力を積み重ね、サービス向上に目指していきたいと考えています。

活動報告

慢性心不全看護認定看護師

慢性心不全看護認定看護師

心不全患者さんの再入院を減らしたい

はじめまして、小林友加里です。私は2015年9月に現在の病院に転職してきました。慢性心不全看護認定看護師は前職場の時に認定審査に合格し、今に至ります。

今後、高齢化社会及び生活習慣病の増加により心疾患はさらに増加する事が予測されます。

心疾患を有する人はもちろん、高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満、喫煙などの基礎疾患や増悪因子を有する場合、慢性心不全に至る可能性は高まります。そのような患者さまに対し病気と上手く付き合って生活していけるように支援していく事が重要だと考えます。

みなさんにご迷惑をお掛けする事もあると思いますが、心不全患者さんの再入院率を減らす事を目標に、患者さまに寄り添った看護を提供していきたいと思います。

活動報告

ページの先頭へ

委員会紹介

記録委員会

看護部の理念、考える看護の実践にあたり、「看護が見える記録」を目指して、記録のあり方について記録監査や研修を行い、記録の質の向上を目指して活動しております。
また、2013年度は、患者参画型看護計画の導入、退院支援スクリーニングの内容を盛り込んだプロフィール用紙の作成などを行ってきました。
2014年度は、その運用評価も行いながら活動をしていきます。

手順委員会

看護手順や検査手順の作成を行なっています。
医療は日々変化することが多く、随時見直しが必要です。手順を見ながらすべての看護師が統一されたケアを行なえるように作成しています。

教育委員会

教育委員会では、看護部の理念である「患者中心の考える看護の実践」の下、院内教育(新人研修・継続教育研修・中途採用者交流会・トピックス研修)の企画から運営、院外研修、学会参加へのサポートを行っています。
看護師ひとりひとりのキャリアアップをサポートできるように日々活動しています。

看護部ICT

病院内において患者や医療従事者の感染予防のために病院ICTと協力して看護師の目線で、現場の問題を抽出して、より具体的な感染対策方法を導きだしていきます。

セーフティ部会

医療現場では患者の安全を確保する努力が求められており、看護師の安全への意識強化からマニュアルの見直しや業務改善を図ることなどを目標として、本年度から看護部内に発足されました。
初年度は、セーフティ部会メンバーの安全への意識向上を目指し、また、事故防止、再発予防に少しでも役に立てるような活動をしていきたいです。

シフト・ワークショップチーム

シフト・ワークショップチームでは、短時間勤務者の夜勤も導入し、健康で長く働き続けられるための活動に取り組んでいます。日本看護協会の「看護職のワーク・ライフ・バランス推進事業」で行う「インデックス調査」の結果を踏まえ、必要な対策を考えて改善にむけて活動しています。

ページの先頭へ