東埼玉総合病院 看護部 看護部紹介・看護師募集・求人情報

東埼玉総合病院 看護部

  1. HOME
  2. 看護部について

看護部について

看護部の理念

   病院理念のもと、患者中心の考える看護を実践します。

看護部の方針

  1. 患者個々のニーズを的確にとらえた看護を実践します。
  2. 患者の意思決定を支える看護(聴く・理解を助ける・つなぐ・支える)を実践します。
  3. 人間としての尊厳および権利を尊重した看護を実践します。
  4. 安心で安全な看護を実践します。
  5. 看護部職員個々の成長に合わせた教育を実施し、日々研鑽します。
  6. トータルケア(全人的医療・介護)を考えて行動します。

ページの先頭へ

2018年度の看護部目標

1. 経営的視点で活動する

  1. 1) 診療報酬改定に関すること
    1. (1)重症度、医療・看護必要度の適正評価と他職種との連携
    2. (2)入院支援体制の整備と活動推進
    3. (3)認知症ケア加算2の取得→認知症プロジェクトチーム
    4. (4)身体拘束および看取りに関する手順書の整備と実践
  2. 2) 経営目標を達成する(入院患者数、外来患者数、手術件数、平均在院日数など)
    1. (1) 柔軟なベッドコントロール
    2. (2) 看護職員の適正な人員配置
    3. (3) 看護アシスタントの適正配置と活用

2. 医療安全・看護の質向上活動を推進する

  1. 1) 新クリニカルラダーの実施
    1. (1)ラダーレベルごとの研修の実施(教育委員会)
  2. 2) 看護の質の向上(部署・個人)
    1. 医療安全キーワード:指さし呼称、誤薬防止、情報の共有(ハンドオフとチェックバック)
    2. 患者の安全をどう確保するか
    1. 看護部(会議および委員会活動)
      1. 科長会:看護の質向上のための方向性の検討
      2. 主任会:既卒入職者の教育、看護手順の改訂整備、看護補助者教育
      3. 手順委員会:課題-主任会との連携と分担、看護手順・検査手順の周知徹底
      4. 記録委員会:課題-認知症・栄養スクリーニングを含めたアナムネーゼおよびサマリー項目の見直し
      5. 看護必要度委員会:新評価票による適正評価と他職種との連携
      6. 退院支援委員会:課題-入院時からのかかわりを強化(外来・病棟・在宅の連携強化)
    1. 部署(部署全体および班活動)
    2. 個人(班活動及びラダーレベル目標)
  3. 3) 医療安全(リスク部会・セーフティ部会・部署・班活動・個人)
  4. 4) 感染防止(部署・班活動・個人)

3. 健康で長く働ける職場づくり(部署・個人)

  1. 1) メンタルヘルスチェックを活用した自己の心身チェックと対処
  2. 2) 適正な勤怠管理と時間外勤務を増やさない取り組み

4. 地域活動への参加

  1. 1) 訪問看護ステーション、在宅医療連携拠点推進室“菜のはな”などの活動への参加
  2. 2) 病院事業(市民公開講座等)への参加

ページの先頭へ

ページの先頭へ

看護単位

2西病棟 内科系病棟・HCU 33床
3西病棟 外科系病棟 35床
3東病棟 脳神経外科・SCU 36床
4西病棟 整形外科、埼玉脊椎脊髄病センター 35床
4東病棟 内科系病棟(地域包括ケア病床含む) 34床

ページの先頭へ

看護体制

~看護師個人のライフスタイルを尊重した勤務体制が自慢です~

病棟 2交替制または3交替制
外来 当直制
手術室 待機制

ページの先頭へ

看護配置・看護方式

看護配置 : 7対1
看護方式 : 受け持ち看護方式

ページの先頭へ